X お知らせ // 2016年10月13日(UTC+9) //
このサイトのデータは2014年の論文発表時までのものであり、最新の情報を反映していません.

サイト公開当初から時間が経ち、KEGG, DrugBank, Drugs.comにおいて、酵素に関わる相互作用や添付文書に基づく注意/リンク等を確認できるようになりました.
今後はそちらの利用をお勧めします. 特にKEGG MEDICUSはJAPICとも連携しており、国内の医薬品についてはKEGGをお勧めします. (2016年時点)

このサイトは参照/参考のため現状のまま保存されますが、更新は行われません.
相互作用や代替医薬品の新しい抽出/運用、新規医薬品候補化合物の情報収集は引き続き行われていますが、このサイトに表示される予定はありません.
利用してくださった方々、本当にありがとうございました. またいつか何らかの形で成果をWebに公開できる時があればと思います.

塩酸シブトラミン

→ シブトラミン から転送 :


【警告】 アクセスログの傾向より、特に輸入・自己治療をお考えの方へ.

  • 日本における製造販売承認申請取下 (2010/10/28), JCN Newswire 及び 製薬会社プレスリリース


Abbott Laboratories agrees to withdraw its obesity drug Meridia
【要約】 抗肥満剤 メリディア (シブトラミン) が心臓発作及び脳卒中のリスクを増加させるという臨床データに基づき、
製薬会社は米国市場からの自主回収について FDA と合意しました。
FDA Recommends Against the Continued Use of Meridia (sibutramine)
【要約】 FDA は心血管系の副作用リスクから、メリディア (シブトラミン) の継続的な処方・使用をしないよう勧告しています。
また製薬会社は米国市場からの自主回収・販売停止について FDA と合意しました。


sibutramine[‘meridia’]:現在進行中の安全性レビューに関する早期伝達(2009年11月)の続報
欧州医薬品審査庁シブトラミンの使用一時停止を勧告


sibutramine hydrochloride[‘meridia’]:現在進行中の安全性レビューに関する早期伝達
"FDAはレビューが完了次第,その結果を国民に通知する予定である。"
禁忌患者の使用による心血管系の副作用
FDA は多数のインターネットサイトで販売されている偽医薬品について消費者に警告
4 年間の副作用報告
偽造医薬品−偽造品に関わってはならない
高血圧と頻脈
(セロトニン作用剤との併用による)セロトニン症候群


名称

分類

機序

from eMC, ['reductil'] Abbott Laboratories Limited (rev. 12/11/2007)

酵素

代謝

from eMC, ['reductil'] Abbott Laboratories Limited (rev. 12/11/2007)

併用禁忌・注意

from eMC, ['reductil'] Abbott Laboratories Limited (rev. 12/11/2007)


from DailyMed, ['meridia'] Abbott Laboratories (rev. 01/2008)


from 医薬品安全性情報Vol.5 No.24(2007/11/29), 国立医薬品食品衛生研究所

規制区分 †

パッケージ

リソース


トップ   編集凍結差分複製名前変更   新規一覧単語検索最終更新リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
  nsclu   xenowire