X お知らせ // 2016年10月13日(UTC+9) //
このサイトのデータは2014年の論文発表時までのものであり、最新の情報を反映していません.

サイト公開当初から時間が経ち、KEGG, DrugBank, Drugs.comにおいて、酵素に関わる相互作用や添付文書に基づく注意/リンク等を確認できるようになりました.
今後はそちらの利用をお勧めします. 特にKEGG MEDICUSはJAPICとも連携しており、国内の医薬品についてはKEGGをお勧めします. (2016年時点)

このサイトは参照/参考のため現状のまま保存されますが、更新は行われません.
相互作用や代替医薬品の新しい抽出/運用、新規医薬品候補化合物の情報収集は引き続き行われていますが、このサイトに表示される予定はありません.
利用してくださった方々、本当にありがとうございました. またいつか何らかの形で成果をWebに公開できる時があればと思います.

γ-アミノ酪酸

名称

略称

分類

  • 神経伝達物質

生成

受容体

GABAA受容体に関する、IUPHARによる呼称の推奨(recommendation)の詳細については下記文献を参照のこと.

International Union of Pharmacology. XV. Subtypes of γ-Aminobutyric AcidA Receptors: Classification on the Basis of Subunit Structure and Receptor Function

E. A. BarnardFNa, P. Skolnick, R. W. Olsen, H. Mohler, W. Sieghart, G. Biggio, C. Braestrup, A. N. Bateson, S. Z. Langer.

Pharmacological Reviews June 1, 1998 vol. 50 no. 2 291-314

(PubMedにオンライン版へのリンク有り.)

酵素

代謝

併用禁忌・注意

規制区分

パッケージ

リソース


トップ   編集凍結差分複製名前変更   新規一覧単語検索最終更新リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
  nsclu   xenowire