X お知らせ // 2016年10月13日(UTC+9) //
このサイトのデータは2014年の論文発表時までのものであり、最新の情報を反映していません.

サイト公開当初から時間が経ち、KEGG, DrugBank, Drugs.comにおいて、酵素に関わる相互作用や添付文書に基づく注意/リンク等を確認できるようになりました.
今後はそちらの利用をお勧めします. 特にKEGG MEDICUSはJAPICとも連携しており、国内の医薬品についてはKEGGをお勧めします. (2016年時点)

このサイトは参照/参考のため現状のまま保存されますが、更新は行われません.
相互作用や代替医薬品の新しい抽出/運用、新規医薬品候補化合物の情報収集は引き続き行われていますが、このサイトに表示される予定はありません.
利用してくださった方々、本当にありがとうございました. またいつか何らかの形で成果をWebに公開できる時があればと思います.

ロキサピン

→ loxapine から転送 :

名称

分類

from DailyMed ['adasuve'] Alexza Pharmaceuticals, Inc. (rev.1 2012-12-21)

1 INDICATIONS AND USAGE
  • (双極I型障害 アジテーション/急性期 トリートメント) (吸入剤)
  • (統合失調症 アジテーション/急性期 トリートメント) (吸入剤)

機序

from DailyMed ['adasuve'] Alexza Pharmaceuticals, Inc. (rev.1 2012-12-21)

12 CLINICAL PHARMACOLOGY 、12.2 Pharmacodynamics

酵素

代謝

from "Loxapine intoxication: case report and literature review."

J Anal Toxicol. 2000 Oct;24(7):638-41.

Mazzola CD, Miron S, Jenkins AJ.

The Office of the Cuyahoga County Coroner, Cleveland, Ohio 44106, USA.

└→アモキサピン (活性あり)


from DailyMed ['adasuve'] Alexza Pharmaceuticals, Inc. (rev.1 2012-12-21)

12 CLINICAL PHARMACOLOGY 、12.3 Pharmacokinetics、Metabolism
├─CYP1A2─→ 8-OH-loxapine
├┬CYP2D6┬→ 7-OH-loxapine
│└CYP3A4
├─FMOs─→ N-オキシド体
└─脱メチル化─→ アモキサピン

血漿タンパク結合率

from DailyMed ['adasuve'] Alexza Pharmaceuticals, Inc. (rev.1 2012-12-21)

12 CLINICAL PHARMACOLOGY 、12.3 Pharmacokinetics、Distribution
  • 96.6 %

心電

from 国立医薬品食品衛生研究所, 医薬品安全性情報 Vol.4 No.23 ( 2006/11/16 )

抗精神病薬に関する製品情報の更新 心毒性および脳血管発作のリスク
  • 心毒性のリスクを裏付けるエビデンス:不十分

併用禁忌・注意

from DailyMed ['adasuve'] Alexza Pharmaceuticals, Inc. (rev.1 2012-12-21)

7 DRUG INTERACTIONS、7.1 CNS Depressants
7 DRUG INTERACTIONS、7.2 Anticholinergic Drugs
  • 抗コリン作用剤 ref. 抗コリン剤

    " 抗コリン作用による副作用を増加させる 可能性がある(can increase the risk of)"

規制区分

情報の由来に関する補足
日付状態媒体
2013/02Recommended for approval['adasuve']UKMi
情報の由来に関する補足
日付状態媒体
2013/02Recommended for approval['adasuve']UKMi

備考

パッケージ

リソース


トップ   編集凍結差分複製名前変更   新規一覧単語検索最終更新リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
  nsclu   xenowire